MENU

キャッシングの上限金利と下限金利

キャッシングで予定している金利は、利払いを確かめる上で大変重要なチェック要素でしょう。これをしっかりと調べなければ、返済計画に大きな誤差が生じてしまいます。各企業が予定している金利は少々違うため、それぞれ確認してからプランを立てた方が良いです。

 

キャッシングの提供では、段階を設けて利用者の能力に合わせる形で、金利を決定しています。つまり、年収を多く得る人には高限度額を与え、低金利で貸し出しを実施します。それに対して、見込める年収が僅かの人には低限度額を予定して、高金利で貸し出します。これは、誰が相手でも一定の利益を得ようという企業の考えによるものです。

 

よって、利用者の年収がどの程度かで、確かめる金利も違うはずです。大半のケースで低限度額が予定されるため、まずは高金利を予想して確かめましょう。たとえば、企業が設定する年利が4.5%から18%の場合、4.5%の方が下限金利で18%の方が上限金利になります。年収に自信の無い方は上限金利に注目して、企業を比較することになるでしょう。

 

ちなみに、上限金利の18%という数字は、法律で予定する範囲の限界と一致します。10万円以上の融資ではこれ以上の金利は違法となるため、18%という数字に止めているのです。ただ、10万円未満ならダイレクトワンの金利設定のように20%となる場合もあるので、注意をしましょう。